2010年10月24日

ドライヤーで乾かす前に梳かしてください

髪を早く乾かすには、

ドライヤーの風を地肌(根元)に当てると、早く乾きますよ
というお話しを以前しました。
http://hair-angelina.sblo.jp/archives/20100916-1.html


その前に、

髪を洗って、タオルドライをして、そのまま乾かしていませんか?



タオルドライ(タオルで髪の余計な水分を拭きとること)の後は、

コーミングしてください

コーム(クシ)で濡れた髪をとかすのです。



コーミングすると、根元にあった水分が、毛先に流れてきます。
水分がでてくるのです。(必要ならば、ここでもう一度タオルドライ)

根元にあった余計な水分が、毛先に落ちてくることによって、
根元から毛先までの水分が、(一応)均等になりますし、

余計にドライヤーを使わなくて済みます。

毛先のオーバードライ(過剰に熱を与え続けること)を若干、防ぐことが出来ます。




タオルドライのみの髪は、毛先が少々乾き気味で、
根元はシッカリ濡れているはずです。


このままだと、乾いている髪と、濡れている髪の水分の差が激しいのです。


このまま乾かし始めると、毛先は更に乾き、
根元周辺の髪が全然、乾いていないのに、毛先は一番先に乾いてしまうことになります。



なので、タオルで拭いた後の髪を、

コームでサッと梳かすことは(5秒〜10秒で終わるし)

ドライヤーを充てる時間短縮にもなりますし、
労力も少なくて済みます。エコですよ。ECO

それに、スタイルもキマリ易くなります。
髪も傷みにくくなります。



スゴク細かい話をしましたが、

美しい髪を短時間でつくるには、コーミングも意外と大事だと、
私は思います。

untitled.bmp


↑濡れてる髪はデリケートなので、
こんなジャンボコーム(粗めのコーム)があればいいですね♪


ヘア・アンジェリーナHP
http://hair-angelina.com

posted by マツオ アユミ at 11:54| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜