2010年10月26日

濡れた髪をとかすと傷む!?

先日「ドライヤーで乾かす前にとかしてください」
http://hair-angelina.sblo.jp/archives/20101024-1.html

という日記を書きました。すると、



「濡れた髪をとかすと傷むと聞いていたのでとかしていなかった」

「パーマが落ちるから、とかしちゃダメだと思っていた」


と、言うような意見や質問を頂きました。


そこで少々ググってみましたら(Googleで検索するという意味です)



「濡れた髪はキューティクルが剥がれるので、とかさない方がいい」とか
「いや、乾いた髪を梳かす方が傷む」とか
「シャンプー前には、とかした方がいいけど、シャンプー後はとかさない方がいい」とか。



色んな回答がありました。



私は

「シャンプー後はキチンととかすべきだ」と思います。

理由は先日の日記に、
「根元から毛先までの水分量を均等にしてからドライヤーをかけると
毛先のオーバードライを防ぐことが出来るから。」と書きました。
http://hair-angelina.sblo.jp/archives/20101024-1.html

でも、とかすことで髪が傷むのかどうか?については言及していませんでした。


髪は、水分を含むと(濡れると)とたんに変化しやすくなります。
キューティクル(髪の表面)が損傷しやすくなるのです。
なので、なるべく早めに乾かしてしまった方が傷みにくくなります。

「自然乾燥が良くない」と言われるのはこのためです。

なので、濡れたまま寝るって、ますます良くないです。
頭と枕に髪が挟まれて、摩擦しまくって、傷むにはパーフェクトな状況です(笑)

なるべく乾かして眠ってくださいね。


濡れた髪がもつれたまま、ドライヤーや自然乾燥で乾かすと、
もう、そのまま固まってしまいます。
コレをほぐすのは大変です。
それこそ、キューティクルを損傷しながらとかすハメになります

ヘアスタイルは乾く時が勝負なのです。


この髪の特性(乾く時が勝負)を活かした技術がブロー(セットとも言いますね)です。

髪が乾ききる瞬間にブラシで軽くひっぱりながら(ムリにではなく!)
髪を乾かすと、キューティクルの表面が整って、ツヤのある髪になります。
まあ、これについてはまた後日、機会があればお伝えしますね。


<結論>
濡れた髪はやはり(優しく)梳かすべきだと、私は思います。


次に乾いた髪は梳かすと傷むのか?ですが・・・

「ムリにとかせば、濡れていても乾いていても傷む」のだと思います。以上。

※私は夜のブロー時以外はとかしたりしません。だって、絡んでないから。


最後に、髪を梳かすとパーマが落ちるのか?ですが、


「落ちません」

パーマがかかっていて、シャンプーしたての濡れた髪を、
梳かすと、水分の重みで、パーマが取れてしまったような感覚になりますが、
取れてません。
軽くタオルドライして、髪に空気を入れるとパーマがよみがえるハズです。

なので、やはり、パーマがかかっている髪も、シャンプー後は梳かしてくださいませ。

※パーマ液やスタイル再現の為に、乾かし方も違ってきますので
どこまで乾かしてスタイルをつくるのかは、美容師さんにきいてくださいね。


あ〜〜長かった。伝わりましたかね〜〜


※絶対ではありません。私の意見ですのでー♪


ヘア・アンジェリーナHP
http://hair-angelina.com














posted by マツオ アユミ at 12:56| Comment(2) | 美容〜頭皮と髪の話〜