2009年09月24日

ドライヤーは大きいものに限る

『髪が傷むから「ドライヤー」は使わない』

って、いう方がいらっしゃいますが、

逆効果だと思います。

洗濯物だって、びしょびしょのまま干しておくと、

ガッサガサに乾くじゃないですか?

よ〜く脱水してから、空気を含ませるように、

パンパンッ!てしてから干すと、

ふんわりして気持ちよく乾きますよね?


髪だって、出来るだけタオルで水分を拭き取ってから、

ドライヤーでさっさと乾かしてしまいましょう。

ふんわり仕上がるし、キューティクルが傷みません。


さて、ドライヤーですが、

私はソリスという業界ではメジャーな、

大きなドライヤーを使っています。

もちろん、マイナスイオンがバンバン出るやつです。




マイナスイオン搭載のドライヤーは、

マジで良いです

もう、これ以外は使いたくないです。


髪に水分を閉じ込めてくれるので、

ふんわりします。

あきらかに、マイナスイオンなしドライヤーとは、

全然っ!違います。



うちのお店には、これと↓

price1_a-3023.jpg


これ↓

price1_solis415ion.jpg

があります。


ドライヤーを選ぶ時は、

風量が大きくて、温度が低め

なのがオススメです。

(↑買ってみないとわからないですけど。)



風量が控えめで、温度が熱い!のは、最悪ですね。


古くなると、あつ〜くなってきますので、

熱くなりすぎて火が出る前に、

買い換えた方が良いかと、思います。

※私は自宅で2度ほど火花が出たことがあります。


風がたくさん出るかどうか?の見極めは、

ドライヤーのサイズ自体が大きいこと

だそうです。

W(ワット)数よりも、むしろ、

ドライヤーが

場所をとるほど大きい方が風量がデカイ

そうなので、

小さな折りたたみドライヤーよりも、

サイズ大きめドライヤーの方が、

髪の乾きが早いってことですね。


ちなみに、ソリスのドライヤーの欠点は、

重い・うるさい・壊れやすい(←海外製ため)

です。
posted by マツオ アユミ at 19:47| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]