2010年10月30日

髪を乾かす前にクシでとかしたら・・・

先日、「ドライヤーで乾かす前に梳かして下さい」という日記を書きました。
http://hair-angelina.sblo.jp/archives/20101024-1.html


そしてその後、「濡れた髪をとかすと傷む!?」という補足日記も書きました。
http://hair-angelina.sblo.jp/archives/20101026-1.html



これらを読んでくださったお客様や、友人達から、

意外なほど反響がありました。



「言われた通りに梳かしてから乾かしたら楽だった」

「梳かすだけでこんなにキレイにスタイルがまとまるなんてビックリ」

「ドライヤーの時間がかなり短くなった」などなどです



私自身も美容室には行くのですが、実際、いつも

タオルドライだけで、いきなりドライヤーを当てられるので、

「とかしてから、水分をとってくれたら短時間で済むのになー」と思っていました。

なのでこの時に、一般の皆さんも、こうやってるのかな??と疑問に思ったのです。

私的には当たり前だけど、他の人には当たり前じゃなかったんですね。



小さなことでしたけれど、結果的に書いて良かったなーと思いました。


ついでに、「そのクシはどこで買えばいいの?」とかも言われたのですが、

正直、梳かすことが出来れば、なんでもいいのです。


004.JPG

↑写真は、私がいつも使っているコームです。
(大きさがわかるようにiphoneを一緒に写してみました)

これはカットコームですが(カットの時に使用)

私はお風呂にこのような物を置いていて、

髪をシャンプーした直後は、粗刃(目の粗い方)で梳かしてから水分をとり
(水分がボタボタ落ちます)
更に目の細かい方でとかしてまた水分をとります。
(更にポタポタ落ちます)
ようやくここでタオルドライします。そしてターバンしておきます。

お風呂からあがってドライヤーを当てる前に、またとかしてから、
さらにタオルでふきとり→乾かします。


こうやって書いてみると、何度も梳かしていますね。

キューティクルが傷まないように、目の細かすぎないクシが良いかと思います。


ドライヤーがラクですよ〜〜♪

ヘア・アンジェリーナHP
http://hair-angelina.com
posted by マツオ アユミ at 13:17| 美容〜頭皮と髪の話〜