2012年09月28日

髪が傷む原因はシャンプーかも

髪が傷む原因として、色々あります。

パーマやカラーで傷んだとか、紫外線で焼けちゃったとか。



ですが、長年、美容師を続けてきて、

髪が傷む原因の1番は、


「シャンプー剤で傷めている」人が圧倒的に多いのではないか?と思います。



シャンプーで髪が傷む??



多くの人は、毎日のシャンプー剤で髪を傷めているとは、たぶん、思わないので、

髪をキレイに保つために、

トリートメントにチカラを入れて、高価なものを使ってみたり、

美容室に行く度にトリートメントをしてもらったり・・・と思います。


ソレ自体は間違っていません。



でも、色々、努力はしているけれど、

やっぱり「いつも少し傷んでいる

常に髪の傷みが悩み」だ。

美容室に行った時だけキレイで、普段はまとまらない



そんな風に感じている人も、とても多いかと思います。



シャンプー剤は洗い流す物だから、あまり気にしないけど、

トリートメントは髪を潤すものだから、

値段が高くても気にしないわ




って、感じでしょうか?


いや〜〜それって、全然違う


と思います。



シャンプーは洗浄成分がとても重要なので、

洗浄成分が、肌や髪を傷めるものだと、

毎日洗う度に、肌と髪を傷めていることになります。



市販されているシャンプー剤の多くは、

肌も髪も傷めるシャンプーじゃないかな〜

個人的に思います

全部じゃないですよ。

全部つかったことはないですし。


シャンプーのこと、もうちょっと真剣に選んで欲しいな〜と思うのです。

トリートメントよりも、ずっとずっと重要だと私は思います。




※長くなったこので、この続きはまたの機会に




ヘア・アンジェリーナHP
http://hair-angelina.com







posted by マツオ アユミ at 16:58| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]