2010年07月14日

買って良かった1家電

以前の日記でパナソニックの

ナイトスチーマーがなかなかいいよ!

と、紹介しました↓

「水分量が大事です・2」
http://hair-angelina.sblo.jp/archives/20100413-1.html


ですが、もっといいもの見つけちゃいました!


「ほんものや」で販売している

「新林の滝」という名のサーキュレーターです。
http://www.honmono.jp/Item.htm?itemId=2391

私は扇風機のつもりで買いましたが、

紹介サイトには「扇風機ではありません」と書いてあります。

(エアコンと併用して室内の空気を循環させるタイプですね)



自宅のエアコンでは冷えすぎるので、

扇風機を買おうかな?どうしようかな?

と、ずっと迷ってたのですが、

パナのナイトスチーマーもいいし、

うちのお店で使っているマイナスイオンのドライヤーも
もう手放せないし(ソリスというメーカーです)

マイナスイオンの家電はなかなかイケてるということで、

思いきってこの「新林の滝」を扇風機代わりにと、

買って見ました!


ちょ〜〜〜〜良いです!


パナのナイトスチーマーどころじゃなかった!

風が柔らかくて、付けっぱなしで寝てもだるくないし、

髪を乾かす時にも柔らかい!!もう、感動です。


顔も朝洗う時にふわっと柔らかいです。

マイナスイオンってスゴイです。


友達に言ったらソッコー買いまして、

「もう一台欲しい」と言っていました。

私もお店に、もう一台欲しいです〜〜〜



でも・・ちょっとヴィジュアルがねーー・・・

ちょっと・・・イマイチかな。


もうちょっとスタイリッシュだったら、

もっと売れると思うんですけどね。

デザインがほら、北欧系の家電って

カッコイイの多いじゃないですか!

日本の家電ってなんでもっと素敵なのないんですかね?


そう思いませんか?私だけ?


アンジェリーナHP

http://hair-angelina.com
posted by マツオ アユミ at 16:43| Comment(2) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2010年05月21日

界面活性剤って?

界面活性剤=悪いもの(体に良くない物)

と、思われがちです。


界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせるための繋ぎの役目の
ことを言います。

よく例えられるのが、マヨネーズです。
油と酢を混ぜただけでは分離してしまいます。
そこに卵黄を入れると分離せず、混ざり合いマヨネーズが出来ます。

この時の卵黄の役目をするのが、界面活性剤です。


シャンプーに界面活性剤を使用していないものは存在しません(たぶん)


シャンプーの成分で一番多いとされているものは、
「水」ですが(ほとんどの製品はそうだと思います)
その次に来るのが界面活性剤です。

この、界面活性剤の成分が何なのか?というのが
問題になっているところです。

一般的には硫酸を使った界面活性剤が良くないと言われています。
表示に「硫酸」とあるのですから、ちょっと怖い気もしますね。

でも、そんな硫酸を使った界面活性剤でも、
レベルが上から下まで数限りなくありますから、
素人の判断は非常に難しいものだと思います。

メーカー主催の勉強会に行くと、マニアックな話も色々
飛び出しますが、私は正直、ながーい成分をイチイチ覚えて、
マニアックに勉強するのが、ツライです。眠くなります。

細かい成分をここで書き連ねてあーだこーだ言っても
それは私の考えであって、正しいことだとも言えないです。


なので、


<まとめ>


化学薬品(硫酸)が使われているからと言って、
どれもこれも最悪なシャンプーだとは限らないということ。
(私は出来れば使いたくないですが)

界面活性剤=化学薬品ではないし(天然も化学薬品もある)

界面活性剤そのものが悪いものではない。


・・ということを知っていただきたいと思います。
posted by マツオ アユミ at 12:53| Comment(2) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2010年05月20日

オーガニックって?

アンジェリーナでは、

天然成分100%のジザニアシャンプーをオススメしています。

002.JPG

ジザニアシャンプーは天然素材100%の製品ですが、
オーガニックではありません。
(・・というか、そのように謳っていません)


オーガニックとは、日本語に訳すと有機栽培という意味です。

オーガニック(有機栽培)と無農薬栽培、ごっちゃになりがちですが、


これらは意味が違います。簡単に言うと↓

<オーガニック(有機栽培)>
化学合成農薬と化学肥料の使用が禁止されています。
土壌中に、農薬や化学肥料がない所で育てたものです。
(細かい年数なども決まっています)


<無農薬栽培>
農薬を一切使用しないで栽培をする方法ですが、
化学肥料は使うことができます。


ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
上記のような違いがあります。


ですが、ちょっとややこしいのは、日本の認定機関では、
オーガニックと言えども、製品化の途中で、
化学薬品を使うことは可能です。
土壌が有機でも、作る過程で化学薬品を混ぜても、
それらの製品はオーガニックと謳って売られていたり
するそうです(海外では厳しい審査があります)

※無農薬野菜を買ってきて、化学調味料で料理するような
ものですね。


ジザニアシャンプーは天然成分100パーセントで、
できており、科学肥料を使用せずに育てた植物を厳選して
使用しています。
汚染が心配な外国産の原料も使用していません。
もちろん、化学的な成分も一切使用していません。


ですので、オーガニックと謳われた製品よりも、
かなり安全なシャンプー剤・・・とも言えると思います。


天然成分100%=オーガニック・・・ということではないのです。












posted by マツオ アユミ at 20:17| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2010年04月13日

水分量が大事です・2

お客様の髪が続々とキレイになってます!

パナソニックのナイトスチーマー


41SwJ-+CMEL__SL500_AA300_.jpg


売れてるとは聞いてたんですが、

マジで良いですよ!


使ってる方の髪質はかなりUPしています。

ご本人は、なんとなく気付いてるぐらいとか、

もしくは全然良さがわからないっておっしゃるんですけど、

私の実感では、今の所100%の方が

髪質がかなり良くなってます。

パーマもキレイにかかります。

カットの時にジャリジャリとか、ザクザクした音がしていたのに、

サクサク♪と良い音がします。

※ジャリジャリ=キューティクルがボロボロ
サクサク=水分量UPした証拠



「水分量が大事です・1」にも書きましたが、

髪はなんと言っても水分を保持することがカギなのです。

良質なシャンプーと、「ナノイオン」効果で、

最強の髪質になるんじゃないかな?と思います。

posted by マツオ アユミ at 19:24| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜

水分量が大事です・1

キレイな髪というのは、

髪の中に水分が沢山入っている髪です。

キューティクルが開いていると、当然髪の水分量も飛んでしまいます。

市販で出回っているシャンプーのほとんどは、

キューティクルを傷付けます。

肌荒れの時にガサガサになりますね?

あれと同じ状態です。

ですが、「しっとりするもの」をも配合しているので、

意外と傷付けられたキューティクルには気づきません。

でも、実は洗う度に、キューティクルを傷付けています。


トリートメントをしてもしても、髪が傷むのは、

シャンプー剤で髪の表面をこすって剥がしているような

ものだからです。

そのような状態の髪にトリートメントをしても髪はよくなりません。

一時的に良くなったような気はしますが、

また自宅に帰って、同じシャンプー剤を使えば、

日々、傷んでいくのです。

なので、美しい髪を保つには良質のシャンプー剤を使う

ということが絶対条件だと思っています。


キレイな髪というのは水分を沢山含んだ髪です。

キューティクルがはがれて、もしくは剥がれ気味で

荒れた髪では、水分を保持することはできません。


水分が少ないと、クセが特にでます。そして静電気が起こります。

水分がたっぷり入っている髪はクセも出にくく、

キューティクルも当然閉じた状態なのでツヤがでて

美しいです。

トリートメントをしてもダメージが回復しない・・

と言う方は、シャンプーを見直してみてくださいね。


うちのお店では、天然素材100%の

ジザニアシャンプーをオススメしています。↓

090107_1526~0001.jpg

華やかさはないシャンプーですが、

ホントにオススメです。

コレについては語りたいことはいっぱいありますが

ブログが「長い」とか友達に言われるので、またにします。

気になった方は過去ログどうぞ。


アンジェリーナHP
http://hair-angelina.com
posted by マツオ アユミ at 19:13| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2010年02月24日

シャンプーを買いに行って

うちのお店で売ってるシャンプーは、

「ジザニアシャンプー」という名前で、

デパートなどには置いてないし、ドラッグストアにも置いてありません。

新宿で売ってるお店はウチだけなんじゃないかな?と思います。
(他にもあったらスミマセン)


天然成分100%のシャンプーで、
田舎で地味〜に作られているシャンプーです。
無添加シャンプーとも違います。

今まで使ってきた中でも、ぶっちぎりでグーなシャンプーです。


研究のためにも他のシャンプーを次々と使っている私ですが、

たまにはデパートのゴージャスシャンプーでも使ってみるかと、

さっき近所のデパートに行って驚きました!!


片っぱしから内容成分を見てみましたが・・・・

「げっ。こんな成分でこんな値段かよ!」と思うものばかり。

たくさんあってめんどくさいので、店員さんをよんで、


私『一番良いシャンプーください。
ちなみに○○は昔使っていたので、それより良いものを』

と言いましたら。。。。

店員『△△というものがありますが、それは非常に高価ですので』

私『ハイ(△△はどれ?どこにあるのかしら?)』

店員・・・・(△△売り場に連れていく気配なし)


確かに高価なシャンプーは買えなさそうに見えるお客だと思いますが!失礼でしょ!!


その後△△売り場に無事、連れられて行き、シャンプーを見ると。


確か250mlで6000円以上の値段がついていました。

デパートのシャンプー剤の平均がたぶん2500円ぐらいなので、
約2倍〜3倍しますね。

パッケージには良さげなうたい文句が書いてありました。
「病院の先生が考えた」風な。


裏見てビックリ。

その、一番高価だと言われたシャンプーは、
そのデパートで、一番最悪成分満載のシャンプーでした。

ああ、びっくり。

宣伝とか雰囲気にだまされないでくださいねーー

でも、残念ですね〜
通販やコスメ売り場の方が良いもの置いてるなんて。
(美容室も良いもの置いてます!!)

結局、何も買えず帰ってきました。



アンジェリーナHP
http://hair-angelina.com
posted by マツオ アユミ at 20:50| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2009年12月29日

シャンプーの基本

久しぶりに、美容ネタです。

気持ちの良い、さらツヤ&ふわっとの髪にするためには、

「よく洗う」ことが一番重要だと以前のブログで書きました。

肌もそうですが、髪や地肌も同じことで、

汚れを残さないことが一番良い状態の髪の毛になります。



まず、シャンプーの仕方からおさらいしてみたいと思います。

今回は一般的に良質なシャンプー剤を使用したと仮定して、

話してみたいと思います。

とても長くなりますが、ついてきてください。


@<シャンプー前の準備>

お湯で、地肌をよ〜〜〜くすすぎます。

この時は、湿らす程度ではなく、地肌を「すすぎきる」

くらいの気持ちでよーーーく、洗い流します。

この時に、70パーセントの汚れは落ちるとされています。

この時のポイントは、髪を濡らすのではなく、

地肌を中心にすすぐことです。


シャンプー剤をつける前に「よくすすぐ」行為は、

シャンプー剤を少量でも泡だててくれることに繋がります。

結果、節約もできますし、海や川を無駄に汚さないという、

地球環境に優しいという壮大な尊い行動に繋がります(←おおげさ)


A<シャンプー剤を頭皮につけ、泡立てする>

よくすすいだ後に、シャンプー剤を地肌に直接つけます

髪の毛につけるのではありません。

地肌に直接つけるのです。

ここは、特に私の持論になりますが、

直接つけることが、よく泡立てることにつながります。

この泡立て・・・

これがとても重要なものです。

この泡立てが上手くできるかどうか?が、

キチンとシャンプーできるかどうか?に直接つながってきます。
(おおげさですが、本当です)


雑誌などで、「両手で泡立てしてから髪につける」という記事も、

読んだことはありますが、

私は大間違いだと思っています。

「髪の毛ではなく、地肌に直接つける」

これ、めっちゃ大事だと思っています。


・・というのも、シャンプーで大事なことは、

「髪ではなく、地肌を洗う」ことだからです。

特別な場合を除いて、髪は洗わなくてけっこうです(キッパリ)


※上の「特別な場合」とは・・・
ワックスや、ハードスプレー(髪を固めるもの)が付いている
場合です。
(この場合は1度くらいのシャンプーでは落ちないのですが・・・)


シャンプー剤を頭皮に直接つける・・・ことの意味は、

皆さんが、ちゃんと泡立てを出来ないからです。

そして、その泡を頭皮にシッカリつけることが出来ないと思うからです。

直接地肌につけて、頭皮上で泡をシッカリ立ててほしいのです。

頭皮はけっこう脂っぽく、頭を洗ってから30分後には、

脂が出始めます。

3〜4時間後には酸化をしはじめます。

その地肌に付いた脂を落としてもらいたいのです。

↑これがシャンプーの目的です。


では、何故?地肌を洗えば、髪は洗わなくてもよいのか?ですが、

皆さんは、ほとんどの方が毎日シャンプーされていると思いますが、

何故、頭(髪)を洗う(つまりシャンプーする)のですか?

頭皮が脂っぽく感じるからではないでしょうか?

この脂っぽさは年齢にも比例してくるとは思いますが、

(10代の方と70代の方では、全然違います。)

1日洗わないと、地肌ペッタリ→髪ペッタリになってきますよね?

だから、顔を洗うように、地肌も洗いたいのだと思います。



はい。それ正解です。



特別な場合を除いて、髪が汚れるからというよりも、

「地肌が気もち悪いから洗う」という人がほとんどではないでしょうか?


そうです。

シャンプーは地肌(頭皮)を洗うためのものなんです。

地肌(頭皮)1番、髪2番。

順番としては、こう↑です。

「いやいや、私は髪を洗いたいんだよ。頭皮のことは二の次よ」

と、思っていらっしゃる方は、The END。

これ以上、読む必要はありません。




頭皮をメインにシャンプーするだけで、髪の汚れも落ちます。

髪の毛同士をこすり合わせて洗う必要など、

まったくないのです。(特別な場合を除く)


っで、肝心な『泡立て』ですが、

シャンプー剤を手に取り、ちょっとずつ、指先につけ、

地肌にまんべんなく、ポイントポイントでのせていきます。

(何度も言いますが、髪にはつけなくてよろしいです)

そして、両手の指を軽くたてて、指の腹でゴシゴシマッサージしたり、

逆に手の平をパーの字にして、頭皮にピタッとつけて、

くるくる(頭なでなでポーズ)してみたり、

また指を軽く立ててゴシゴシしたり・・・を繰り返します。

この「頭なでなでポーズ」を時々入れることがポイントです。

これによって、シャンプー剤がまんべんなく頭皮全体にいきわたります。


これで、モコモコの泡を立てることが出来ます。

やってみてください。出来ますから。



これまでは、シャンプー剤をつけてから、いきなりゴシゴシ洗っていた人は、

頭なでなでポーズを時々取り入れてみてください。

頭皮にシッカリ泡がついた感触を指先で感じると思います。

いきなりゴシゴシでは、頭皮(つまり毛穴あたり)には泡は

ついていなかたハズです。

でもたぶん、皆さんは泡をちゃんとたてているつもりだったと

思います。

ハッキリ言います。

今までのシャンプーの仕方では、

泡は髪にはついても、地肌(毛穴あたり)にはついていませんでした。

だいたい、泡立てをキチンとしてみようと思って、

シャンプーする人なんか、ほとんどいなかったのではないでしょうか?

ゴシゴシ洗うことよりも、泡が地肌にキチンとついているか?

これがシャンプーの時の最重要事項です。


B<指の腹で頭皮を洗う>

泡立てがキチンと出来たとしたらこっちのものです。

後は指の腹で、頭皮をマッサージするようにゴシゴシと

洗います。優しく洗ってもOKです。

この時に爪を立てないで、洗うことをオススメします(当たり前ですね)


この↑B<指の腹で頭皮を洗う>は、

普段、皆さんやってらっしゃることだと思います。

それでOKです。

でも、本当は、Aの<シャンプーを頭皮につけて泡立てする>

これが出来ていないことが多いので、

Bの普通に洗う行為が無駄になっていることが多いのです。


C<しっかりすすぐ>

シャンプーが出来たら、今度はすすぎです。

今回は、一般的なシャンプーの例ですが

一般的なシャンプー剤は、シッカリすすいでください。

シャワーヘッドを頭皮まで持ってきて、直接地肌にあてるようにして、

もう片方の手(指先)で地肌をこすりながら、シッカリと、

まんべんなくすすぎます。ここが一番時間をかけるべき所です。

上で語ってきた@〜Cまでの中で、

Aの泡立てると、Cのシッカリすすぐ

これが一番重要です。

Cのすすぎは、髪の長さにもよりますが、

最低でも2、3分はかかると思います。最低でもです。

数10秒で終わっていた人は、考え直してください。



以上です。お疲れ様でした。


シャンプーをシッカリすることが出来たら、

髪は絶対にキレイになります。

でも、それには良質のシャンプー剤を使うことです。

それなくしては、髪はキレイになりません。

クセのある方はクセも弱まります。

いつもぺちゃんこになってしまう人は、ふんわりして、

髪が増えた♪という実感が沸くでしょう。

頭皮がかゆかった人は、かゆみが収まるかもしれません。


私は、お店でお客様をヘッドスパしたり、

シャンプーしたりするときに、以上のようなことを考えて、

感じて、シャンプーさせていただいています。

シッカリ洗うと10分という短い時間では汚れは落としきれません。

15分〜20分、場合によってはそれ以上の時間をかけたいと、

いつも思っています。

ここでシッカリ汚れを落としておくと、

本当に髪の毛がキレイになるからです。

シャンプー自体は10分〜15分で、1575円頂いていますが、

正直、汚れはとりきれません。

なので、来年以降は、シャンプーのロングバージョンのメニューも

考えたいと思っています。

(今はヘッドスパメニューでまかなっています)

シャンプーは、サイドメニューのように扱われがちですが、

私自信は最も力を入れたいメニューでもあるのです。

髪の美しさを取り戻すには、丁寧なシャンプーが不可欠だと、

心から思うからです。

トリートメントよりも重要ですよ。


次回以降は、リンス&トリートメントの仕方や意味、

うちのお店で使っている、天然成分100%のシャンプー剤の

仕方・・・(これは今日のシャンプーの仕方と異なります)

などなど、

私が経験から感じていることを書きたいと思います。

お悩みがあれば、どうぞご質問くださいませ。

一緒に勉強させていただきたいと思います。

※私の持論が絶対ではありませんので、念のため







posted by マツオ アユミ at 15:38| Comment(1) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2009年09月24日

ドライヤーは大きいものに限る

『髪が傷むから「ドライヤー」は使わない』

って、いう方がいらっしゃいますが、

逆効果だと思います。

洗濯物だって、びしょびしょのまま干しておくと、

ガッサガサに乾くじゃないですか?

よ〜く脱水してから、空気を含ませるように、

パンパンッ!てしてから干すと、

ふんわりして気持ちよく乾きますよね?


髪だって、出来るだけタオルで水分を拭き取ってから、

ドライヤーでさっさと乾かしてしまいましょう。

ふんわり仕上がるし、キューティクルが傷みません。


さて、ドライヤーですが、

私はソリスという業界ではメジャーな、

大きなドライヤーを使っています。

もちろん、マイナスイオンがバンバン出るやつです。




マイナスイオン搭載のドライヤーは、

マジで良いです

もう、これ以外は使いたくないです。


髪に水分を閉じ込めてくれるので、

ふんわりします。

あきらかに、マイナスイオンなしドライヤーとは、

全然っ!違います。



うちのお店には、これと↓

price1_a-3023.jpg


これ↓

price1_solis415ion.jpg

があります。


ドライヤーを選ぶ時は、

風量が大きくて、温度が低め

なのがオススメです。

(↑買ってみないとわからないですけど。)



風量が控えめで、温度が熱い!のは、最悪ですね。


古くなると、あつ〜くなってきますので、

熱くなりすぎて火が出る前に、

買い換えた方が良いかと、思います。

※私は自宅で2度ほど火花が出たことがあります。


風がたくさん出るかどうか?の見極めは、

ドライヤーのサイズ自体が大きいこと

だそうです。

W(ワット)数よりも、むしろ、

ドライヤーが

場所をとるほど大きい方が風量がデカイ

そうなので、

小さな折りたたみドライヤーよりも、

サイズ大きめドライヤーの方が、

髪の乾きが早いってことですね。


ちなみに、ソリスのドライヤーの欠点は、

重い・うるさい・壊れやすい(←海外製ため)

です。
posted by マツオ アユミ at 19:47| Comment(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2009年04月02日

頭(髪)の洗い方

.\

私も友人もハマっているジザニア製品の話になり、

ついでに、頭の洗い方の話になりました。


友人の頭を洗いながら、

友人が言います。

「俺の地肌どう?ちゃんと洗えてる?」

どうやら、私のブログをチェックして、

真面目に素直に、地肌を洗う

ことを意識しているみたいです。


※以前の日記・地肌を洗いましょう2↓

http://hair-angelina.sblo.jp/article/27780579.html



友人の地肌はほぼキレイに洗えてました!

いつもより、ぐ〜〜んとキレイになっていました。


そして、友人が、

「シャンプーって、

シャンプーつける前に、よくすすぐと、

それだけで、70%〜80%の汚れが落ちるんだってね?

知らなかったよ〜」


私はちょっと焦りました。

だって、これって、美容師からしたら、

ごくごく当たりまえのことで、

お伝えするほどのことでもない。と、

思っちゃってませんか!?



そうですね。

あたりまえのことを、もっと見直そう!

もっと伝えよう!

と思いました。


ちなみにこの友人、以前は耳周りの髪の毛が、

外に向かって立っていましたが、

(短髪なので、短すぎると、もみあげが顔に沿いません)

ジザニアに変えてから、髪がしなやかになったので、

前ほど、外ハネ??になりません。

(えりあし然り)

そしてパーマも巻きやすくなり、

私も楽になりました♪


ちゃんと洗ってくれて、私がやりやすいです。

ありがとう!


posted by マツオ アユミ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜

2009年03月22日

地肌を洗いましょう2

ヘッドスパをやっていて、

というか、シャンプーをやっていて、

毎回思うことに、

皆さん、

「地肌を洗えてませんよ」

・・と、いうお話を以前しました。



あの後、地肌の写真を撮ってみたのですが、

なかなかうまくいかないですね。

でも、一応UPします。

013.JPG

上の写真、

泡がマックスについた友人の頭です。

私が泡立てしたので、

かなりモコモコに、

根元から泡がついているのですが、


ですが・・・


カメラを用意する数秒のうちに、

根元から1cmぐらいの地肌のところ(つまり毛根あたり)は、

泡が消えてなくなってしまいました。

何度も、泡立てをしましたが、

数秒で消えてしまいます。

ですが、毛先の方の髪には、

キチンと泡がいつまでも残っています。

これは、昨日今日の汚れではなく、

ずっと前からの日々のシャンプーで

取りきれていない、じみ〜な汚れが、

シャンプー剤とか汗・脂と一緒になって、

毛根あたりに残ってしまっている汚れなんです。



毛先は毎日洗っているので泡が残ったまま。

根元は、毎日シャンプーしているつもりが、

泡が毛穴部分に毎回、付着していないので、汚れが残ったまま。

なので、すぐに泡切れしてしまっている状態です。


この友人はヘッドスパの長いバージョンをやって、

最後の方でようやく汚れが取れて、

根元に泡が残るようになりました。

ここ数カ月の汚れがとれたので、

髪はサラッサラになり、ふんわり感が増しました。

※ちなみに、彼女はかなりきれいな髪の持ち主で、

いつも天使の輪がある人です。

さらにキレイになったということです。




たぶん、ほとんどの方が、

上の写真のような状態で、

シャンプーをしたつもり

なのだと思います。


それは、仕方がないです。

自分でうまくは洗えません。

そういう私も、人にばかり言っていて、

自分もまじめに洗ってみようと、

昨日、久し振りに意識して洗ってみましたら、

意外と・・・洗えてませんでしたがく〜(落胆した顔)



お店でやっているヘッドスパは、

天然原料100パーセントのジザニアシャンプーを使用して、

根元からしっかりと泡をつけて、

時間を掛けてさっぱりと洗い上げます。

(同時にシャンプーが持っているタンパク質を

髪の内部に浸透させています)

お店でやっても一度で汚れが取れない方も、

けっこういらっしゃいます。

(今は時間が短いヘッドスパしかないので、取りきれません。
今後はメニューを増やす予定です)



それでも、皆さん、

すっごくツヤツヤになってます。

根元のふんわり感が蘇ります。


自宅で出来ない方は、お店にいらして

一度ヘッドスパを受けて頂きたいです。

激しくオススメします。


でもでも、

最近は、お客様に「根元をもっと洗いましょう」と

アドバイスさせていただいていたのですが、

皆さん、次にいらした時に、

けっこう毎日自宅でがんばってシャンプーを

していらっしゃいます。

これには、本当に感心してしまいます。

その真面目さもスゴイ〜と思いますし、

皆さん、目に見えて、

地肌も髪の毛も、とってもキレイになっていらっしゃいます。

ほぼ全員、以前よりもきれいになられています。



なので、結論↓

少しの意識と努力で、

髪は今よりもキレイになります!

お店に来れない方は、

ちょっとだけ意識してご自分で丁寧に洗って

頑張ってみてください!

本当に変わりますよ。

本当ですよ〜

posted by マツオ アユミ at 20:19| 美容〜頭皮と髪の話〜

2009年03月07日

地肌を洗いましょう♪

アンジェリーナでは、

ヘッドスパのメニューがありますが、

まだ、それほどホームページ上には

詳しくは書いていません。

本当は、もっと詳しく書いて

安心して受けて頂きたいのですが、


オープン前から、

『オープンして半年以内には、

メニュー自体の見直しと、

ヘッドスパの種類を増やす予定』

でしたので、

そんなに細かくは書いていないのです。



なので、もう既に3ヶ月目に入りましたので、

もう少ししたら、

ロングバージョンのヘッドスパを

増やしたいと思います。


今やっているスパは、

かなり短めのスパなので、

金額も安く、短い時間で気軽に試せるのですが、

もっとゆったりしたい方には、物足りないのです。



スパの経験が増えるごとに、

わかったことが色々あるので、

そのあたりも、

メニューに反映して、

充実させたいと思います。


ところで、

お客様の頭(髪)を毎日洗っていて思うのですが、

皆さん、

おうちで、毎日のようにシャンプーされると

思うのですが、

ほとんどの方が、

残念ながら、

根元がキチンと洗えていません


私の知人やお客様には、

毎回、申し上げていますが、

髪の毛にシャンプーの泡が付いているだけで、

根元=地肌=毛根付近

に、シャンプーの泡がついていないようなのです。



・・・と、言いますのも

私は洗いながら、

お客様の頭頂部あたりを見ています。

YUMEシャンプー台を使用するようになって、

真後ろから見えますので、

更によく見えるのですが、

地肌に泡をつけてもつけても、

泡切れをしてしまう方が

かなりの割合ですいらっしゃいます。


ほとんどの方・・・というか・・・

そうですね・・・

7、8割ぐらいの方でしょうか?


おうちでキチンと洗えていません。



泡切れをするのは普通のことですが、

必要以上にシャンプーを加えないと

根元からシャンプーが泡立たない場合は・・

自宅でのシャンプーが、

髪は洗えていても、

地肌の汚れは残っている・・

のだと思います。


根元が洗えていないと、

ベタツキの原因になりますし、

たぶんシャンプー剤と汚れが一緒になって、

残ってしまい、

ドライヤーで乾かす時に、

少々臭いがするときも

あるはずです。


髪と地肌の汚れがキチンと落ちると、

髪はふんわり軽くなるし、

髪の傷みもなくなります。

薄毛が気になっていらっしゃる方は、

尚更、良質のシャンプー剤で、

丁寧に洗うようにしてみてください。

本当は、もっと言いたいことが

山ほどあるのですが、

長くなるので、

小出しにしますね目



次回は、

「根元にシャンプーの泡がついていない場合」と、

「根元にキチンとシャンプーの泡が付いている場合」

の写真を撮って、アップしたいと思います。



それと、泡立てが大事なので、

そのあたりもマニアック気味ですが、

キチンとお話していきたいと思います。


皆さんの地肌と髪が、

ツヤツヤになりますように♪


アンジェリーナHP
http://www.hair-angelina.com
posted by マツオ アユミ at 21:41 | TrackBack(0) | 美容〜頭皮と髪の話〜